ANA(9202)より株主優待、2024年の卓上カレンダーが到着!さらに復配の発表も!!

株主優待
スポンサーリンク

こんにちは、ホタテです。
ANAより株主優待が届きましたのでご紹介します。

ANAの株主優待はこちら!

ANAの株主優待はANAグループ優待券、株主優待番号ご案内書、そしてカレンダーです。

ANAの株主優待は3月末と9月末の年2回貰うことが出来ます。カレンダーに関しては3月末、9月末の2権利日について連続して100株以上の保有が必要となります。

ANAグループ優待券

ANAグループ優待券は下記の対象サービスを受けられるクーポン券が18枚付いています。

ANAグループ優待券で利用できる内容
  • ANAグループ各社の提携ホテル 宿泊20%割引
                   レストラン・バー10%割引
  • ANAトラベラーズのツアー商品 
     国内ダイナミックパッケージ 最大7,500円割引
     国内パッケージ商品     5%割引
     海外ダイナミックパッケージ 2%割引
     海外パッケージ商品     5%割引
  • 空港内売店・免税店でのお買い物 10%割引
  • ゴルフプレー 優待料金

※優待の内容は毎回細かく変わっています。詳細はANAグループ優待券の冊子をご確認ください。

ANAグループ優待券の利用できる内容は限られていますが、個人的にはANA FESTAで1,000円以上購入した場合10%の割引となりますのでANA FESTAで利用しています。

以前はANAカードを提示すると10%割引が適用されていましたが、こちらは5%に改悪されておりANA FESTAでは株主優待で貰えるANAグループ優待券が一番割引率が高くなっています。

◆ANA FESTAで株主優待を利用した記事はこちら◆

株主優待番号ご案内書

株主優待番号ご案内書を利用することで、ANA国内線全路線が株主優待割引運賃で利用できます。

搭乗日直前に載る場合は、株主優待割引の運賃が安いですが事前に搭乗日が決まっている場合はスーパーバリューの価格帯の方が安いことが多いです。

株主優待番号ご案内書は保有株式数に応じて、以下の枚数を貰うことが出来ます。

保有株式数 株主優待番号ご案内書
100株から199株 1枚
200株から299株 2枚
300株から399株 3枚
400株から999株 4枚+400株超過分
200株ごとに1枚
1,000株から99,999株 7枚+1,000株超過分
400株ごとに1枚
100,000株以上 254枚+100,000株超過分
800株ごとに1枚

カレンダー

カレンダーの取得には3月末、9月末の2権利日について連続して100株以上の保有が必要になります。

ANAのカレンダーは壁掛け型卓上型の2種類あります。

好きな方を選択出来ますが、選択する期間が12月上旬~翌年7月31日と決められています。この間に選択をしなければ継続して同じ種別のカレンダーが送られてきます。

ちなみに、こちらのカレンダーはANAのオンラインショップでも販売されており、金額は壁掛け型が税込み1,870円、卓上型が1,540円となっています。

ホタテネコ
ホタテネコ

新規に株主になった方は、上記期間に「壁掛け型」、「卓上型」の選択をしないとカレンダーは送られてきませんので注意してください。

ANAの株主優待はいつ届く?

2023年9月権利分の株主優待は11日13日に届きました。

卓上カレンダーは11月22日に届いています。

ANAの株主優待の届く時期は以下の通りです。

ANA株主優待の発送時期
  • 3月権利分:5月中旬
  • 9月権利分:11月中旬
  • カレンダー:11月末

また、株主優待の有効期限は以下の通りです。

ANA株主優待の有効期限
  • 3月権利分:株主優待番号ご案内書 6月1日~翌年5月31日
          ANAグループ優待券 6月1日~11月30日
  • 9月権利分:株主優待番号ご案内書 12月1日~翌年11月30日
          ANAグループ優待券 12月1日~翌年5月31日

株式情報

※データは2023年11月24日現在
※優待利回りは優待券のため算出不可

株価 3,099円
配当 30円
配当利回り 0.97%
優待利回り
総合利回り 0.97%
優待権利月 3月、9月

旅客需要が回復しており、売上高も順調に回復しています。配当金も2019年以来5年ぶりの復配(30円)となっています。

ただ、下期ではプラット・アンド・ホイットニー社のエンジン製造過程の問題により点検が必要になったため、A320/321neoの一部が非稼働になり80億円の減収を見込んでいます。

コメント

新型コロナウイルスの影響も落ち着き、国内旅行や海外旅行、インバウンドも回復傾向にあります。

街中に行くと外国人旅行客の姿を多く見かけるようになり、観光需要も回復していることがわかります。

私もコロナ過前は毎年旅行に行っていたので旅行に行きたいなと思うのですが、子供が生まれたばかりなのでもう少し我慢したいと思います。

まずは離れたところに住んでいる両親に子供を見せに行かないといけません。ただ、子連れで飛行機に乗るのは周りの目が気になります。個人的には赤ちゃんの泣き声は気になりませんが、気になる方もいるでしょうし…(;´・ω・)

と思って調べてみると、ANAの機内ではおむつ交換台付きの化粧室があったり、おむつの用意(メリーズM.Lサイズ)があったりミルクを持っている方は客室乗務員が作ってくれたりとかなり子供に対して配慮されているようです。

こういった配慮がされていると不安が少なくなり積極的に利用したいと思えますね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

にほんブログ村 株ブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村

記事が良いなと思ったら是非読者登録お願いします!!
ホタテの目株ブログ - にほんブログ村

株主優待
スポンサーリンク
ホタテの目株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました